適性検査とは?転職で使われる検査の種類、内容、対策を解説

転職活動の選考で行われる「適性検査」。面接とあわせて企業が適性検査を実施する理由や、検査の種類と具体的な内容、どのような対策をしたらよいかについて詳しく解説します。

【適性検査とは】
適性検査とは、応募者が業務を行う上で適切な能力や資質があるかを測定するテストのことです。応募書類や面接以外の観点からの定量的な判断材料として用いられます。一口に適性検査といってもさまざまな種類があり内容も異なりますが、基本的には能力検査と性格検査の2つです。

●能力検査
適性検査における「能力検査」では、論理的思考力、発想力、基礎学力、一般常識などを測定します。検査の種類によっても異なりますが、一般的に国語や数学に近い問題が出題されます。

●性格検査
適性検査における「性格検査」では、仕事への取り組み方、人間性、パーソナリティ、物事の判断軸などから、企業風土への適合性や業務への適性を測定します。設問に対して、自分に当てはまるものを選択肢の中から選んで回答する形式が主流です。

【転職の選考時に適性検査が実施されるタイミング】
中途採用の選考の場合、適性検査は書類選考通過後、一次面接の前に行われることが多いです。新卒では書類選考と適性検査が同時に実施されることがほとんどなので、その点中途採用とは異なります。ただし、中には最終面接に進む前や、書類選考と同時に適性検査を実施した後に一次面接という場合もあり、企業によっても差があります。

検査結果に気になる点があると、次の面接の場で確認の質問をされる場合があります。また書類選考と適性検査を同時に実施するケースでは、検査結果が一定の基準に達していない場合、企業によっては一次面接に進めないこともあります。

【転職時に行われる適性検査の役割と必要な理由】
中途採用で適性検査が用いられる理由は大きく分けて2つあります。企業が適性検査を行う意図を把握することは、事前に準備・対策を行う上でも役立つので、よく理解しておきましょう。

●定量的な観点から、面接・選考の補助ツールとして利用する
選考では、面接官や部門長の判断によってステップが進んでいきますが、人間としての相性や個人の好みなども多少なりとも判断に影響を与えます。そのため属人的な判断だけに依存せず、定量的な結果も踏まえて総合的に判断できることは、適性検査の重要な役割の一つです。

●会社や部門とのカルチャーフィットを判断する
適性検査は、会社や部門のカルチャーに応募者がどの程度マッチするか判断するためにも有効です。これは早期退職防止にもつながります。入社後の配属やキャリア形成の参考にする場合もあります。

【適性検査の対策】
適性検査全般の基本的な対策と、能力検査・性格検査それぞれの対策の詳細について解説します。能力検査は「言語問題」と「非言語問題」のどちらかによって対策のポイントも異なりますので、分けて見ていきましょう。

●基本的な対策
適性検査は問題の傾向が決まっているため、事前準備をしておけば慌てず解答できるでしょう。SPIなどよく使われる適性検査は、ネットや書籍で例題を確認できます。大まかに確認する程度で構わないので、そういった例題や問題集をチェックしておきましょう。

なお選考の前提として、適性検査はあくまで補助ツールの位置づけで、基本的に企業は経験やスキル、人柄を見ています。適性検査に向けて心構えをすることは必要ですが、念入りに適性検査の勉強をするよりは、自己分析や面接対策に十分に時間を割くほうが重要です。その点を念頭におきながら、準備を進めましょう。

●<能力検査>言語問題の対策
能力検査の言語問題は、基本的にはその場で考えて解答できるものが多いです。例えばSPI3の場合は、語句同士の関係性や、四字熟語の用法、同意語、反意語、文章読解などが出題されます。

特別な対策は必要ありませんが、当日焦らないようにどのような問題が出るか事前に確認しておくのがおすすめです。

●<能力検査>非言語問題の対策
能力検査の非言語問題では、特にSPI3の場合、つるかめ算、濃度算、確率、年齢算、n進法など公式を使わないと解けない問題が出題されます。日常的に使う機会のない方や忘れてしまっている方は、例題や簡単な問題集を解いて出題内容を把握しておくとよいでしょう。

解き方を知っているか知らないかで結果が変わるため、事前に公式や解法だけでも確認しておくことがポイントです。

●性格検査の対策
性格検査については、取り繕う必要はなく、直感で回答することをおすすめします。回答の軸がぶれてしまうと、信ぴょう性がないと判断されてしまうこともあり、かえってマイナスです。

よりよい印象を与えようと理想の人物像を装って回答しても、面接と齟齬が出たり、面接ではうまく取り繕えても入社後に苦労したりして、結果的に有利に働きません。信用度を下げないためにも、本来の自分を偽るような対策はせず正直に回答し、適正なマッチ度を見てもらうようにしましょう。

【適性検査受検にあたって注意すべき3つのこと】
社会人の転職活動では、適性検査だけで採用を判断されるのはまれなケースですが、選考過程の一つであるのは確かです。不慣れなため実力を発揮できないということを防ぐために、あらかじめ注意点を押さえておきましょう。

●予備知識ゼロで臨まない
適性検査の対策でも解説したとおり、特に能力検査は、どんな問題が出るか知っておくだけで結果が大きく変わります。問題の傾向と例題など、受検前に予備知識として頭にいれておくことが大切です。

●受検の環境やタイミングを考慮する
Webで受験する場合は、インターネット環境の整備などにも気を配るようにしましょう。接続トラブルが発生し対応が必要になるケースも考えられますので、なるべく時間に余裕があるときに受検するのがおすすめです。ほかにも、騒音が少ない時間帯を選ぶ、快適な室温を保つなど、テストに集中できる環境づくりをしましょう。

●時間配分に注意する
多くの適性検査では、十分に解答できる程度の制限時間が設定されています。しかし特定の問題に時間をかけすぎると、時間が足りず適当な解答になったり、全問に解答できなかったり、といったこともあります。分からない問題があっても、あまり考え込まずにテンポよく解答しましょう。

【事前の心構えで落ち着いて適性検査に臨もう】
適性検査はあくまで選考の補助的ツールです。慌てないように適性検査への心構えや準備をしておくことは必要ですが、企業が中途採用で重視しているものは、経験、スキル、人柄と意欲です。

適性検査対策の基本的なポイントを押さえて準備をした後は、本来の力を発揮できるように落ち着いて検査を受けることがよい結果につながります。適性検査に苦手意識がある方も、できる限りの準備をしたらあまり気をもまず、自己分析や面接の準備にしっかり時間を割くようにしましょう。

転職相談はこちらから

無料登録エントリー